日本語ならではのメリット

漢字・ひらがな・カタカナ・英数字を組み合わせて使える「日本語JPドメイン名」。
あなたのホームページのアピール方法がぐっと広がります!

企業での活用メリット

街中で、検索結果画面で、「社名」や「商品」を印象的にアピール!

「日本語JPドメイン名」なら、こんな場面でも積極アピール!

チラシや看板だけじゃもったいない!

株式会社丸高ラブリン
商品名「おしぼり」を、日本語JPドメイン名「おしぼり.jp」でアピール

トラックに

ダンボールなどの包材に

落ち運びケースに

カレンダーに

さらに、流行の「検索」でもアピール効果が!

おしぼり.jp

Point
検索されたキーワードと登録しているアドレスが一致した場合、アドレスが強調されるため、視覚的なアピール効果があります!
※「Yahoo! JAPAN」や「Google」など、大手検索サービスが対応

広がる「日本語JPドメイン名」 ~活用事例~

株式会社グルメぴあネットワーク
飲食店ポータルサイト
レストラン検索.jp
<http://レストラン検索.jp/>

株式会社ディー・エル・イー
アニメ・キャラクター
鷹の爪.jp
<http://鷹の爪.jp/>

キリンビバレッジ株式会社
お茶飲料
生茶.jp
<http://生茶.jp/> 【※】

「ホームページ転送サービス」と併せて活用しています。

Point ここも見逃せないポイント

検索サービスで上位に結果表示されるためには、一般的に多くの対策や時間が必要です。
このため、まずは「正確に覚えてもらえるアドレスを考えること」が大事なポイントになります。

車内広告や店頭ポスターなど、お客さまの外出場面でアドレスを印象付けたいケースは意外と多いもの。
けれど、お客さまに「shinnkaihatsu.jp(しんかいはつ)」というアドレスひとつを覚えてもらうにも、実はこれだけの障壁があるんです…

ここで、お客さまに覚えてもらうアドレスを日本語、例えば漢字で「新開発.jp」としておけば、お客さまを“つづり”で悩ませる恐れを回避できます。
お客さまの面倒を減らす、ちょっとした気遣いをアドレスから感じてもらえたら素敵ですよね。

※本ページにはJPRS以外のホームページへのリンクが含まれますが、
 リンク先のホームページの内容などについてはJPRSの責任・権利の範囲外であることにご注意ください。

個人での活用メリット

ホームページやブログのアドレスを、ご友人に「簡単に」伝えられます。

自分の名前をアドレスにして、自己紹介ツールとしても使えます

著名人も積極的に活用しています!

「ホームページ転送サービス」と併せて
活用しています。

※本ページにはJPRS以外のホームページへのリンクが含まれますが、
 リンク先のホームページの内容などについてはJPRSの責任・権利の範囲外であることにご注意ください。

活用のヒント:既にホームページアドレスをお持ちの方にもおススメです

「日本語JPドメイン名」で専用のホームページを作られる方はもちろん、既にホームページアドレスをお持ちの方にも気軽に導入いただけるサービスがあります。
それが「ホームページ転送サービス」。このサービスを利用すれば、既にお持ちのホームページに、「日本語JPドメイン名」へのアクセスを転送することができます!

※指定事業者によっては、ホームページ転送サービスを提供していない場合がありますので、
 詳細は各指定事業者までお問い合わせください。
※サービス名称は指定事業者ごとに異なりますので、ご注意ください。